顔脱毛ってなんだか痛そうでちょっと気になりますよね。京都のサロンやクリニックで顔脱毛に関する口コミ情報をピックアップして、その口コミ情報が本当かどうかを検証してみましょう。

そうすることで、サロン選びやクリニック選びの助けになりますからね。

顔脱毛って痛いの?

脱毛する上で回数や料金なども気になりますが、まず痛いのかどうかが気になる人が多いみたいです。

いくら安くても、いくら効果があっても、我慢できない痛みなら施術を受けることができませんからね。

まず痛みについては目安がないというのが現状です。痛みの感じ方には当然ですが個人差があるため、ある人にとってはそんなに痛いと感じない刺激でも、もうひとりの人にとっては我慢できない痛みの場合もあるからです。

ただ、脱毛するサロンやクリニックを選ぶ上で、事前に痛みがあるような施術を行っているところを選んで失敗したくないですから、わかっていれば最初の検討から除外できればいいですよね。

結論としては京都にある脱毛サロンや脱毛クリニックで顔脱毛できるところはいずれも「我慢できないレベルの痛みはない」です。

よく痛いと言われるところは「鼻下」ですね。確かにこの部分は指で軽く押しても痛みを感じる部分で、顔の中でも結構痛みが出る部分なのかもしれません。

それから「おでこ」、とくに眉間ですね。ココも痛いです。いわゆるデコピンする場所です。ここも痛みがあるからデコピンが存在しているわけで、鼻下と同様に痛みを感じやすい部分だろうと考えられます。

また痛みについてはゴムを軽く弾いて肌に当てたときの痛みってよく言われますよね。実際は顔で脱毛マシンのショットを行わないとわからないというのが正直なところですが、ゴムの痛みというのは参考程度に。

それから脱毛サロンと脱毛クリニックでは脱毛クリニックの脱毛施術のほうが痛みが強いです。

これも口コミでよく言われていますが、これは事実で理由も明確にわかっています。それは脱毛マシンの光の出力が原因です。

簡単に言うと脱毛クリニックは医療機関なので出力が高いレーザー脱毛を施術することができます。これは脱毛効果が高い反面肌への刺激も強いので、必然的に痛みが弱くなります。

対して脱毛サロンはエステなので医療機関で実施するレベルの光の出力を使った施術ができません。あくまでエステの行為の範囲でまでと法律で決められています。

そうなると脱毛クリニックよりも脱毛効果が弱くなりますが、その分肌への刺激も弱まり痛みも小さくなるんです。

それから実際の痛みについてですが、人間何にでも慣れてしまうという性質があるからでしょうか、脱毛処理の4回目か5回目くらいからは痛みをあまり感じなくなってきます。

ですから、もし実際にやってみて我慢できる程度の痛みであれば数回した後には痛みもあまり気にならなくなってきます。

もしどうしても痛みを我慢出来ないようであれば我慢せずにちゃんとスタッフさんへ報告しましょう。

ちなみにクリニックの場合は医療機関ですから痛みを和らげる塗るタイプの麻酔を処方してくれる場合もあります。

施術はどれくらいの回数が必要?

脱毛は同じ部分を一定の期間を空けて何度か脱毛施術を行うことで徐々に効果が出て、最終的にはほとんど毛が生えてこなくなります。

つまり何度か脱毛施術を受けに通う必要があるのですが、口コミではさまざまな回数が言われたりしています。

まず目安が各サロンやクリニックが用意しているパックプラン、回数プランです。

その設定されている回数よりもちょっと多めの回数がもう通う必要がないレベルの脱毛ができる回数だと考えてください。

例えば5回コースなら7回程度。12回、18回コースが有るなら24回程度、ですね。

日本で実施されている脱毛マシンによる光脱毛、レーザー脱毛は日本人用に黒い部分に反応して光が照射され、毛にダメージを与えて脱毛させる仕組みです。

でも顔の毛って男性はひげ部分が濃い黒ですけど、女性はうっすら髭がある場合でも栗色とか、さらにおでこや頬などは産毛が中心で黒目の毛ってありません。

そうなると脱毛効果って弱まってしまうんです。黒い部分が少ないから。脱毛効果が弱まると施術回数も増やすしかありません。

つまり顔脱毛って根気よく満足行くレベルまで続けるしか無いんですね。

回数の目安は医療機関でのレーザー脱毛なら5回~7回程度。サロンの光脱毛ならその2倍から3倍程度は考えておきましょう。

大手のサロンやクリニックはパックプランで回数が決まっているところが多いですが、地域の美容クリニックや皮膚科などで脱毛している場合は10万円以内で顔脱毛してくれるところもあります。